オンライン英会話はTOEICの試験に役立つとは限らない

英語を頑張る人の中には、学校や会社に言われてTOEIC試験でスコアをとらなきゃいけないからという理由もあります。英語は結構試験が多いので、それぞれの対策をとれば上がらないことはないでしょう。

しかし、それら試験のためにオンライン英会話を始めるという選択肢は、必ずしも正しいとは思いません。家にいながら、しかも自分一人では甘えてしまわないようにできるという点では良いのですが、それをもしTOEICなどの英語の試験に活かそうとしているのならあまりスコアには結びつかないかなと思います。

TOEICの特徴はリスニングとリーディングという受け身体制。このうち、英会話だったらリスニングに良いのではないかと思うかもしれませんが、英会話でしている会話と、TOEICのリスニングでは、求められているものが違うように感じます。英会話の方は、アレンジを利かしてアドリブの高い、いわば私たちが日常生活でしている普通の会話がメーンです。しかし、TOEICの方は模範、規則、文法、と、とにかく正しく発音良く、まさにこれぞ試験というような作りをしています。ですから、オンライン英会話で身に付けた英語というのはある程度高度なものでなければ上手に試験に活かすことはできないと思います。もしとことんスコア狙いなら、素直にそのテストに応じた対策をすべきです。野球の練習ばかりやってきたけど、本番はソフトボールだとしたらちょっと変化球ですよね。そんな感じで、より試験に近い形をとるべきだと思います。

スカイプ英会話比較ガイド・・・オンライン英会話の比較・口コミ・ランキング