子供に英会話を教える事について考えてみた

英語が話せることで、いろいろな世界の人と関われる事ができるようになります。日本もドンドンと海外の人が観光や仕事を目的としてやってくる事が増えてきました。インターネットの普及により、日本だけではなく海外のサイトなどを見ることができるようになったり、スカイプやオンラインゲームを通じて会話をすることもできるようになっています。

それだけ英語は身近なものになってきており、必然性もあがってきていると思います。英語を教えるには、何歳からが良いというのは人によって色々と意見があります。幼稚園くらいから教えるという人もいれば大人になってからでも十分という人も居ます。

自分の考えとしては、小学校の低学年ぐらいから英語に触れさせていくのが良いのではないかと考えています。確かに幼稚園の頃は学習能力が高いと言われていますが、幼稚園の頃は英語よりもまずは、しっかりとした日本語やマナーなどといった基本的な生活に必要な事を教えるのが良いと思います。小学校の低学年ぐらいになれば、ある程度の日本語を話す事もできるようになってきますし、理解をすることもできます。

日本語がある程度理解できるようになってから、英会話を始めても問題は無いと思います。英会話を習う際には、子供にやる気があることが大事になってきます。親が必要だからと無理やり教えたのでは意味がありません。特に低年齢の場合は、なんで必要なのかという事がわかりません。自分の意識で必要かもと思ってくる中学生以上になってからでも十分だと思います。