英会話を身に着ける必要がないのでモチベが上がらず

学校を卒業してからも英語の勉強を続けている人は多いです。

必要に迫られてする人も多いですが、とくに必要じゃなくても英語が使えるようになりたいと思って勉強する人もいます。

この”英語が使える”ということはどういうことかというと、英会話ができることが、その”英語ができる”ことに入ると思います。

英会話とは、英語で他国の人と会話をすることです。ここにあえて”他国の人”という言葉を入れたのは、たとえば日本の人どうしで英語で会話をしてみると、相手がどんなにおかしな英語を使っていても、相手の言いたいことを察しやすいので、けっきょく英語でのコミュニケーションにはならないのではと思います。

英語でやりとりをする相手が英語のネイティブとはかぎりませんが、日本語が通じない相手と英語でやりとりができて、初めて”英会話ができる”と言えるのではないかと思います。そういう英会話は、私はいまだにしたことがありません。

ツイートで英語のやりとりをしたことはあるのですが・・、短い英文を書くのにとても時間がかかりました。正しい英語になっているか自信がありませんし・・。

じっさいの英会話は、もっとテンポよく、すぐに言葉を返さないといけないです。そう思うと自分には英会話は無理かもと、弱気になってしまいます。

仕事で英語が必要なわけでもないですし、海外旅行もしないし・・となると、どうしても勉強のモチベーションが上がりません。今、勉強のやる気が下がっています。