英語の面白さと奥深さを紹介します

受験生の苦手科目として英語があげられることがあります。しかし、英語ほど理解できれば面白いものはありません。英語学習をしていくと、言葉ってとても大切だなあと感じます。日本語とは違う英語を理解すると世界の見え方が変わってしまうほどなのです。

感じ方が変化をして面白いですね。英語は日本語と違った表現があります。それを知ると物事を考察する時にわかりやすくなります。例えば物理学なども英語で書かれた教科書のほうがわかりやすい場合があります。有名なファインマン物理学という本がありますが、それは日本語訳をしてあるバージョンよりも英語のほうがわかりやすいです。しかも英語バージョンはインターネットで無料公開されています。これによってお金を節約することも出来るのです。つまり英語ができると得ですね。

英語を学んでいるとなんでこうなるのかと思う部分が出てきます。それが例外です。それを覚えておくとテストで点数を獲得できます。周囲と差をつけることも出来ます。

英語は中学生になってからいきなり出てくる科目なので、苦手意識を持ってしまう学生は少なくありません。しかし、逆に解釈をすると誰でも同じ地点からのスタートです。頑張れば一番になることだって出来ます。

数学や国語も面白いですけれど、英語が一番面白いかもしれません。見た目も独特で味わいがあります。このように感じられるようになるまでには少し時間がかかってしまいます。ですが理解できてくるとその奥深さに圧倒されるのです。