30代の英語学習

30代は主に詰め込み・暗記・テスト対策の勉強しかしてこなかった世代だ。逆を言えば、そういう勉強方法しか教わらなかった。今の子供達のように、まず英語の音に触れ、耳を鍛える訓練を受けてない。だから、受験やTOEICで高得点を得られても聞き取れない・話せない人が多いのは必然的なことだと思う。

しかし、見方を変えれば暗記は得意な世代なのだ。今の日本人の英語学習は聞き取り・スピーキング至上主義だが、いくら先にそれらを鍛えても、文法知識と単語の語彙力がなければ、結局は使えない英語力になる。我々30代は、まず得意なテスト対策技術を生かし、徹底的に文法と語彙力をマスターしてみるのがいい。

それも高度な文法や単語ではなく、中学英語を自由に頭の中で出し入れできるくらいまでに。それから、思い付く限りの英語聞き取り学習をする。英語ニュース、映画、ドラマ。英会話教師によっては、スラングの出てくる映画やドラマを教材にすることを薦めないが、それはむしろ逆で、我々素人はまんべんなく学習すべきだ。

なぜなら、スラングを理解しない、ニュースのキレイな英語しか理解しない英語力では、ネイティブがスラングを使った時に結局理解できないからだ。最後は、ネイティブと接触する機会を増やそう。高い英会話学校でなくても、安いマンツーマンの英会話学習法もある。我々世代に足りないのは「話す勇気」だ。皆、「通じないのでは?」「聞き返されたらどうしよう」とびくびくしている。しかし、日本語のつたない外国人は、皆そんな風に怯えながら話しているだろうか?皆、堂々と伝わらない日本語を話してくる。つまり、逆もおなじで、外国人はみな、伝わらない事を言われても、特に気にしてないのだ。