今年もTOEIC600点達せず

グローバル化が進む中、仕事でも海外とのやりとりが増えてきているため昨年心機一転TOEIC600点を目標に試験勉強を7か月間実施し今年の1月に試験を受けたところ結果は散々たるもので600点には程遠い390点でした。周りの仕事仲間が600点、700点を取っている中、どんどん肩身の狭い思いというか一人だけ取り残されていくような気が日増しに強くなってきているように思われます。

昨年、試験勉強を開始する前に中村澄子先生のTOEIC本を購入し一読。これは合うと思った「通勤時間のリスニング」手法を取り入れてみました。

TOEIC新公式問題集に付属しているCDの音声をスマートフォンにコピーし往復の通勤時間(約2時間)を好きな音楽を止めてTOEICリスニングタイムに割り当てていたのですが、やはり漠然と聞いていたのは駄目ですね。時間にしたら相当な時間をリスニングに当てていたのですが。。。さらに、リーディングにしても仕事上、IT系の英文は日々それなりに目を通していたので、これといって勉強はしていなかったが敗因でした。。。

空白問題は、「感」ではなくやはり文法がしっかり身についていなければそれなりの得点はゲットできませんね。後は文章理解力。国語が苦手な自分にとっては非常にハードルの高い部分ではありますが、これは日々長文の英語を読んでいくしか道はないんでしょうね。5月下旬よりTOEIC試験の内容が一部改訂されるとの事で、気持ちがなえていましたが、もう一度、TOEIC600点超えを目標に基礎から集中的に勉強し今年秋あたりに試験を受けてみようと考えています。